お久しぶりです、香陸です。約半年ぶりの更新になりますが、今回は 2007年度版 『ニュースサイト読本』 のセミマルさんのテキストの全文をちまちまと載せていきたいと思います。というか、ニュースサイト読本、知っていますか? MOON CHRONICLE のミルトさん主催の同人誌で2008年も作られています。欲しいです。

そういうわけで、今回の一連のテキストはそのニュースサイト読本2007のセミマルさんのテキストになります。そのテキストをどうして Activica. に載せるのか! その事情は 井戸チャ通信(20) に描かれています。導入編になっているため、あまり内容はないかもですが、おひまなときにズバッとどうぞ。

いちおう全八回を予定しています。本誌紙面の都合上カットした部分も収録しており、各テキストの下部には「後日談」という名の雑談も付いているので(20 以外)、興味のある方は目を通すといいと思うんだ! そっちのほうが面白いかもしれないし、そうじゃないかもしれない。わからない!

井戸チャ通信(20) 「君はニュースサイト読本を知っているか」
井戸チャ通信(21) 「可視化する界隈と王者の擁立」
井戸チャ通信(22) 「いまオススメの羅列型個人ニュースサイト・巡回編」
井戸チャ通信(23) 「いまオススメの羅列型個人ニュースサイト・攻勢編」
井戸チャ通信(24) 「いまオススメのブログ型個人ニュースサイト・鉄板編」&「どらみそら。さんに想いを馳せる」
井戸チャ通信(25) 「怖い個人ニュースサイトの面白さ」&「駄文にゅうすさんの更新手法を想像する」

(*当エントリはこのシリーズの更新中、常に TOP に表示されるように日付を変更しています)
[PR]

本編(2007年11月24日)

セミマル
そういう選び方だと つかれた とかも結構好き。なんだろうね。あのゆる~い空気感。

香陸
僕は つかれた さんにはちょっと怖い印象があるんだよね。

セミマル
そうなの? そりゃ意外だね。

香陸
どういうわけかね。だから、何度もリンク柱に入れようと思ったのだけれど、いまだに入っていないという。

セミマル
そうなのかー。なに、背景が黒いから?

香陸
コメントに感じる雰囲気かな。リンク先のテキストを少し突き放して見ているところがあるように感じていて、そういうサイトはちょっと怖いなという印象をもってしまう。RinRin王国 さんとか 神コップBloG さんとか(笑)。

セミマル
RinRin王国 の怖さは異常。

香陸
あのくらい濃いほうがサイトとしては面白いのかもわからないけれどね。

セミマル
うん、サイトとしてはすごく面白い。ちなみに、最近になってようやく RinRin王国 を柱リンクに入れることに成功した。

香陸
いままでどういう事情で失敗してたの?(笑)

セミマル
いやなんか、昔、「馴れ合いが苦手です。柱リンクすら息苦しいです」っていうようなことを書いてたから、加えるのにずっと躊躇してた(笑)。なんつーか、特に仲良しでもないウチのサイトからリンクしちゃっていいんだろうか、みたいな。

香陸
そのあたりの距離感は把握するの難しいよね。また、輪王さんがどういう人なのかいまいちわからないところもあるしね。

セミマル
一度じっくり話を聞いてみたい気もするし、怖いからそっとしておきたい気もする。そんな不思議な雰囲気はある。

香陸
たしかに、一度会ってみたら一気にいろいろな謎が氷解するような気もする。

セミマル
RinRin王国 と似た空気を持つサイトというと、電脳遊星D なんかをつい思い出しちゃうよ。

香陸
旧「それゆけ!だよもん星」さんね。

セミマル
そこそこ。

香陸
僕はあの人は優しい印象だったけどなあ。

セミマル
ホント!? なんか凄い今、衝撃を受けてるんだけど。

香陸
え、なかった? あそこはサイトの色使いがアングラなだけだよ。

セミマル
マジか~。自分はどっちかっていうと近寄り難い印象があったな~。

セミマル
祭りとか起こると、率先して火の中に飛び込んで状況把握しに行っちゃう勇敢さと、それを論理的に語るソリッドな頭脳の持ち主という印象を持っていて、自分なんかがおいそれと話しかけられる感じがしなかったよ。

香陸
あれは本当にすごい働きだったよね。

セミマル
ただ情報を収集するだけでなく、自分でもしっかり意見をいうところがスゴイ。

香陸
結果的には常にわりと中立的な立ち位置になるのだけれど、並べた情報の上から分析している感じは全然なかったし。

セミマル
いま、あんな立ち振る舞いをしてる人って、他にいるかというと、ちょっと思い浮かばない。

香陸
僕がどうして 電脳遊星D さんに怖さを感じなかったかというと、そういう思慮深さを信頼していたからだと思うよ。たしかに多少、怖い印象はあったけれど、難癖を付けられるというような心配がないから、それほど怖がることはないと判断していたんだと思う。

セミマル
いや、でも、一回だけ反応貰ったことあるけど、その時は素直にうれしかったな。あ、見てくれてるんだーみたいな感じがして(笑)

香陸
セミマルさんのところはリンク柱に入ってるしね。ちなみに、僕のサイトも実はリンク集に入っていて、それを発見したときはなまら嬉しかった(笑)。


【「駄文にゅうす」の更新手法を想像する】

セミマル
ついでなんで、駄文にゅうす についてもちょっと触れとこうか。

香陸
個人的には、以前ほどの影響力はないかなという印象。

セミマル
影響力という点ではそうかもしれないね。ただ、相変わらずブレがない。

香陸
他のサイトで紹介されないような「もっと紹介されていてもいい記事」というのを掘り起こしてくるのがすごいよね。

セミマル
最初のほうで、KKG=王様っていう話が出てたけど、駄文にゅうす の場合は悟りを開いて山奥に住んでる仙人みたい。

香陸
これ、僕の推測だけれど、ちょっといい?

セミマル
どうぞどうぞ。

香陸
僕のサイトもネタやネタ元として何回か取り上げられたことがあって、そのときにどうやって調べているんだろうと思って、取り上げられていたサイトを全部まわって、そこからの関連記事とかリンク先を辿ってみたのだけれど、直観的に分かるとおり、どこかから拾ってきたわけではないみたいなんだよ。

香陸
それで、どうやって更新しているのかと思って僕も自分でやってみたのだけれど、おそらくね、あれは最初に目にした興味深いテキストからキーワードを幾つか拾って、そこからグーグルで検索をかけて軒並みそれに関連するテキストを読んで、いいテキストを選び出してくる、というやり方をしていると思うよ。

香陸
だから、すごい量のテキストに目を通しているはずで、普通なら関連するテキストをずらっと密に羅列したくなっちゃうところだけれど、それをせずにテーマごとにゆるやかに関係付けられたテキストをピンポイントで配置するところが 駄文にゅうす さんの美学なのかと思う。

香陸
いやあ、違ってたら恥ずかしいなあ。

セミマル
そうだとしたら、すっごい非効率的で、おいしいトコだけつまみ食いするにはどうすればいいかという風に流れている、今の Web とは完全に逆行してるね。

セミマル
いわゆる Web2.0 と呼ばれるものでは、作ることが出来ないものを作り出してる。

香陸
そうだね。実際、そのくらい異色なサイトだと思うよ。ああいうサイトがあってもおかしくはないのだけれど、そのサイトがこれほど知名度があるということがすごい。

香陸
でもまあ、憶測だけれど。

セミマル
いや、結構当たってるんじゃないかな。Google で検索してるってのは本人も書いてた気がする。

香陸
そんな記事があるの?

セミマル
うろ覚えだけど、さらっとコメントに書いてた気がする。

香陸
そういや、駄文にゅうす さん、いつかインタビュー受けてなかったっけ?

セミマル
これ?

「面白いサイトが多過ぎる!」 『駄文にゅうす』 From E さんインタビューParallels2
http://parallels.at-ninja.jp/int_01.html

香陸
そうそう、ありがとう。ネタをある程度ためてからまとめて公開するというようなことを書いているね。

香陸
個人ニュースサイト界のスローライフを実践している第一人者ですよ!


後日談(2008年09月06日)

香陸
【「駄文にゅうす」の更新手法を想像する】は本編自体がおまけみたいなものですな。

香陸
これは正直、本人に訊いたら早かったのだけれど、なかなかね。

セミマル
この人はホントに表に出てこない印象があるからなぁ。

香陸
淡々と更新してるよね。

セミマル
ホントにストイックな人だよね。

香陸
日頃から調べるのが好きなのか、興味をもったテーマに関してメモ的にまとめているという感じかな。人に見られることは意識していると思うけれど、人に見せるためにまとめているという感じはそれほどしないんだよね。

セミマル
久々にインタビュー記事を読んでみたけど、紹介してないネタのストックがかなりありそうだね。

香陸
あらためて読んでみるとかなりかっちり考えてやってるということがわかるね。6hot とか書いているからテキストサイト時代からヲチしていることは間違いないし、年齢もそこそこいってそうかな。

セミマル
やっぱりしっかりとポリシー持ってやってるよね。

セミマル
適当にやってたら作り出せないクオリティを維持してるのも納得できる。

香陸
駄文にゅうす さんが特殊だということを差し引いても、前はもっとこういうサイトが多かった気がするんだけどね。

香陸
良い悪いは別として、いまはそういうサイトは減ったかな。

セミマル
これを維持するのは並大抵じゃできないからね。普通は続かない。

セミマル
ネタを新規発掘するのは大変だしね。

香陸
というか、取捨選択するというところにあまり意識がいってないサイトが増えたなと思うんだよね。

香陸
まあ、僕もそのきらいがあるんだけど。これ面白いかなーっていうのをふわーっと並べちゃう。

セミマル
あぁー、その辺は耳が痛いなー。

香陸
二年位前は「それでいいし、そこにもサイトの個性はある」と僕は言っていたんだけど、いまみたいに人口も増えてサイトの裾野も広がっている状況だと、そのスタイルに満足して足踏みしちゃっているというのもどうかなと思ったりね。

セミマル
いや~、でも削るのもったいないって気持ちはすごくよく分かる。

セミマル
決して手を抜いてるわけじゃないんだろうけど。

香陸
そうね、そうなんだよね。

香陸
だからもちろん、僕としてはそういうサイト更新のライフスタイルを非難しているわけではなくて、ただ、そこで満足してしまっていないサイトを個人的に見たいというところなんだよね。

香陸
もし「サイト運営」という言葉を使うのであれば、どこか変化していったり、成長していったり、変わらぬクオリティの更新を保つなりしてほしいなと。自分で言っていて、耳が痛いんだが。

セミマル
一昔前だと、ちょいりす とか 俺ヘッドライン(旧:俺アーカイブス) が取捨選択がすごくうまかったよね。

セミマル
多すぎず少なすぎず、良質なネタを紹介してた。

セミマル
あと、この二つのサイトは発掘力も秀でてた。

香陸
めいめい少しずつ方向性が違って、扱うネタも少しずれていたから、そのあたりが面白かったのかなと思う。

セミマル
ブログ登場の影響で、見た目も似たようなサイトになっちゃう場合が多くなったよね。

セミマル
昔は一目見てアレなサイトだと分かるホームページもいっぱいあって面白かったんだけど、今は誰がやってもそこそこの見た目のサイトになっちゃう感じがある。

香陸
サイトをトータルマネジメントするということはもうあまりないからね。それがいいっちゃいいんだけど。

香陸
あと、ニコニコ動画のスローガンのひとつに「感情の共有」というのがあるんだけど、ブログでもそういうのを求める傾向にいっているという気配は感じる。知識とか情報とかじゃなくて、似たような人を探して、似たような感想を言い合って、お互いを承認しあうところに安心感や安堵感を求めたがるようになってるかなと。

セミマル
それに特化したのが SNS だよね。

香陸
そだね。

セミマル
これだけ普及しているところをみると、そういうニーズがすごく高いことは疑いようがないよね。

香陸
うん。全部が全部というわけじゃないし、それによってうまくまわるところもあるんだろうけど、その気楽さや心地良さに安住したいというメンタリティがなにかしら影も落としているところもあると思うよ。

[PR]

本編(2007年11月24日)

セミマル
んじゃ、ちょっと趣向を変えまして、ブログ型ニュースサイトについて喋りましょうか。具体的にいうと 小太郎ぶろぐ みたいなトコね。

香陸
ひとまず、小太郎ぶろぐザイーガひろぶろ という鉄板御三家が上げられますね。

セミマル
鉄板御三家www

香陸
ここは堅いよ。

セミマル
それには同意。

香陸
小太郎さんとかパルモさんがあのスタイルを日本で作ったといっても良いのじゃないかとすら僕は思うからね。

セミマル
最初に作り上げたかどうかは知らないけど、広めるのに大きく貢献してるのは間違いないね。

香陸
うむうむ。それで、他の多くのサイトと一線を画しているなと思うところもあって、それがサイトのキャラ立ちの有無かなと思う。

セミマル
確かにキャラが立ってるね。

香陸
あるいは文体と言ってもいいと思うのだけれど、小太郎ぶろぐ なら小太郎さんのカラーがあって、ザイーガ さんならパルモさんのカラーがあって、それぞれがサイトから切り離せない。このあたりの個性の強さは特徴かなと思う。

セミマル
たしかに羅列型の場合には、そういうのあんまりないよね。

香陸
むしろ隠したほうがいいような場合も多々あるよね。

セミマル
うん。イヤミなくやるってのは、何気に高等テクニックだよね。

香陸
たしか、かーず さんがインタビューのなかで似たようなことを言っていたと思う。いま生き残っている個人ニュースサイトの管理人はあまり前面に出てこないような人が多いよねというようなことを。

セミマル
それはその通りだと思う。昔どうだったか知らないから、単に最近の傾向なのか、もとからの伝統なのか判断がつかないけど。

セミマル
根本的な問題として、前に出る人は羅列型のニュースサイトってのをあんまり運営しないってのも関係ありそうだね。

香陸
それはあるよね。どうしても違う方向にいってしまう。あの有名なスミルノフ教授 もあるとき「個人ニュースサイト管理人のストイックな更新風景がうんぬん」ということを言っていたから、以前はやはり、あまり中の人同士の繋がりというのは視覚化されていない印象があったんだと思うよ。

香陸
個人の資質に関して更新スタイルが変化したということだと、羅列型サイトから漫画感想サイトにシフトした BWS さんなんかはその一例じゃないかな。もともと漫画の感想はやっていたけれど。

セミマル
ふむ。その流れでいうと、私たんニュース なんかも転身しちゃったよね。昔はニュースサイトだったはずなのに、いつの間にか物書きに。

香陸
だね。やはり、ファン持ちのサイトは強いな。

セミマル
それには同意。あとは スミルノフ教授ザイーガ とかとは別のベクトルで尖ってるよね。似たサイトを探せって言われると思いつかない。

香陸
独特の影響力をもったサイトだよね。僕もああいう大人になりたいよ。

セミマル
そういう独自性があるサイトって他だと、エルエル ぐらいかな。

香陸
ああ、なるほど、たしかに。僕は正直、エルエル さんはトップ絵をなくして間口を広くしたら、もっと一般受けするだろうなと思う。

セミマル
だけど、一般受けしちゃうようなフツーのサイトにするのもったいないよ(笑)

香陸
それもあるよね。


【どらみそら。さんに想いを馳せる】

セミマル
ブログ型の個人ニュースサイトで個性が強いというと、さっき名前が出た スミルノフ教授エルエル ははずせないし、あともう一つ どらみそら。 も気になるところ。

香陸
最近更新していないんじゃなかったけ?

セミマル
してないね。忙しいのか飽きちゃったのか分かんないけど。(*2008年12月現在、更新再開されています!)

香陸
正直にいうと、僕はそれほど存在感あるなという印象はなかったのだけど、やはり影響力はあったのかな?

セミマル
影響力があったかどうかまでは分からないけど、自分は結構インパクトを受けた。

セミマル
VNI という手法自体は珍しくないし、以前にもフリーザさまのニュースサイト運営するなんていうネタもあったから、新規性という意味では微妙だったけど。

セミマル
あのスタイルで結構な期間更新を続いたのは驚いた。

香陸
あのスタイルは疲れるよね。

セミマル
うん。ぶっちゃけ一週間でなくなると思ってたし(笑)

香陸
ひでぇ!

セミマル
だって、どう考えても一発ネタじゃんw 続くわけがない。

香陸
まあ、そうだよね。

セミマル
だから、まなめはうす で紹介されてたのを見て、速攻で紹介した。

セミマル
なくなる前に(笑)

香陸
このサイトは人気出るだろうなと思ったから、僕はむしろ紹介しなかったんだよね。セミマルさんにそう言われると「どうして紹介しなかったのか!」という気にもなるのだけれど。

セミマル
ここまで言っておいてなんだけど(ぉ 個人的にあのスタイルは好きだから続けてほしいなーと一方的に思ってる。

香陸
VNI という形式に惹かれるの? それとも対話形式というところ? あるいはそこにあるキャラクタかな。

セミマル
キャラクタかな、やっぱ。取り上げるニュース自体は別に珍しくないんだけど、それをどう料理するのか見てみたい。

香陸
なるほど。それはファンですな。


後日談(2008年09月13日)

香陸
しかしこの鉄板編、僕がものすごい好きなサイトだから「鉄板」にしたんだけど、実際、鉄板だよね。

セミマル
その認識は間違っていない。少なくともウチらみたいな人種にとっては(笑)

香陸
ウェブに親しんでいて小太郎さんとかパルモさんを知らなかったらモグリでしょうという水準にいってるのはすごいなと思うんだよね。僕もああいう一般の人にも受け容れられるサイトを作りたかった。

香陸
しかしまあ、なんだろうね、この差は。本編でもそのサイトの個性の強さを話してるんだけど、どこであの独特な一種のカリスマが宿るのか、不思議なもんです。

香陸
というか、僕が好きすぎるだけかもしれないけど(笑)。

セミマル
この手のサイトやってる人たちって、みんなキャラが立ってる印象があるね。

セミマル
ところで↓知ってる?

ブロガーインタビュー特集がらくたGallery
http://garakuta.oops.jp/wordpress/?cat=16

香陸
ミクシィで紹介していたのを辿って読んだよ。

セミマル
このインタビューをやってる人はGJだよ。

香陸
だね。ちゃんとした記事になってるしね。

セミマル
オレが敬愛してやまない エルエルザイーガ に、サイト運営のスタンスを喋らせるなんてなかなかできることじゃないと思う。

香陸
エルエルさんの画像が異彩を放っていて最高にいいね。

香陸
海外面白ニュースとか微アングラ・エログロ系のネタってわりと王道で、実はそれほどニッチなわけじゃないんだけど、そういう情報をまとめるサイトを作る人って意外と少ないよね。

セミマル
何気に力量がいるからね。

香陸
たぶん、ここに紹介されている人たちも、自分の興味のあることをスクラップしていたらこうなったという感じだと思うんだよね。そう考えていくと、「自分のサイトを作る」というのはどういうことなんだろうという疑問も浮かんでくる。

セミマル
ホントに好きじゃないとできないよね。

香陸
普段から海外の情報を目に留めやすい生活もしなきゃいけないだろうしね。

セミマル
英語力もある程度必要だし、グロだのブラクラだのを踏む可能性もあるから、なかなかこの手のサイトを作るのって難しいよね。

香陸
パルモさんはたしか、ラジオで「グロ耐性をつけるためにザイーガを始めた」と言ってたよ(笑)。

セミマル
なんでつける必要があるんだwww

セミマル
日常生活で不要なスキルだろw

香陸
やっぱ違うな……と僕は思った。

セミマル
この界隈の人たちってユーモアもあるよね。

香陸
わかるわかる。あれは資質だろうね。

香陸
コミュニケーションにも才能ってのがあるんですよ(笑)。

セミマル
自分に最も欠けてるものだわw

香陸
僕なんか気の利いたことを言おうとして黙っちゃうもんw

セミマル
分かる分かるw

香陸
ナチュラルに応答していて小気味良いっていうのには憧れるね。

[PR]