井戸チャ通信(09)から(12) 「情報元表記 ~個人ニュースサイト編~」
井戸チャ通信(09) 「情報元表記問題をどう語るか」
井戸チャ通信(10) 「個人ニュースサイトの親・子・孫という分類について」
井戸チャ通信(11) 「情報元表記をしないサイトをどう感じているか」
井戸チャ通信(12) 「情報元表記をしないサイトをどう扱っているか」

井戸チャ通信(13)から(15) 「情報元表記 ~個人ニュースサイト編~」
井戸チャ通信(13) 「どうして個人ニュースサイトは中継サイトを情報元として表記しやすいのか」
井戸チャ通信(14) 「どうして個人ニュースサイトはネタ元サイトを情報元として表記しなければならないのか」
井戸チャ通信(15) 「個人ニュースサイトは上層にあるのか下層にあるのか」

[PR]
香陸
僕はネタ元サイトと中継サイトの両方にリンクを張るのが普通という感じでやってきたのだけれど、ここのところで問題が起こることがあるでしょう。

セミマル
コレとか?

http://d.hatena.ne.jp/Mr_Rancelot/20070924/p2 (*リンク先のサイトが消滅してしまったので、はてなブックマーク - green - 立場が違う、感覚が違う にリンクをしておきます。記事は「個人ニュースサイトは中継サイトを情報元として表記しやすいけれど、正直、それはネタ元サイトとしては不満だったりするところもある」という内容を含むものでした)

香陸
そうそう。ネタ元サイトだけを表記していると「そのネタを見付けた人への敬意の不足」を訴えられ、中継サイトだけを表記していると「ネタ元への敬意の不足」を訴えられるという板挟みのなかにあって、それでも個人ニュースサイトは中継サイトを情報元として表記する傾向にあると。これについてはどう思う。

セミマル
これもなんとなく、そうなってるだけじゃない?

香陸
どちらか片方しか表記しないなら、やはり個人ニュースサイトは中継サイトのほうを情報元として表記するでしょう。僕は「個人ニュースサイト」の性格として、この「中継サイトのほうを紹介する」ということは当然だと思うのだけれど。

セミマル
つまり、個人ニュースサイトは、ある情報を別の個人ニュースサイトA から得た場合、その情報を実際に発信しているサイトB の名前については表記せず、個人ニュースサイトA の名前しか載せないってことでいいんだよね?

香陸
そう。そういう傾向があるということ。実際、そういうサイトが多いしね。

セミマル
おk。自分もどちらかというとこのタイプに属するね。サイトB の名前は書かない場合が多い。

香陸
僕は両方とも表記するタイプになる。これは Flash を紹介していたときに習慣付けられたのかな。

セミマル
それスゴク偉いよね。本当はそういうふうにすべきなんだと思う。

香陸
むしろ僕の場合、ネタを先に見付けていても、同じネタを紹介しているサイトを見付けたら中継サイトとして後付けでそのサイトを紹介したりするからね(笑)。

香陸
情報元表記に関しては以前、ちょっと書いたことがあって、そのときはテキストサイトと個人ニュースサイトとでは情報元に対する「価値のあり方」が違うという風に書いたのだけれど、読んだことあるかな。ちょっと張ります。

普通、「ネタ元表記」というのは「サイト名」を載せるんです。掲示板やメールでタレこみの情報でももらわない限り、ネタ元表記が「人名」になることはありません。これはつまり、「誰がこの情報をもっていた(作った)か」ということよりも、「どこにこの情報が(まとめて)あったのか」ということのほうが個人ニュースサイトとしては重要だということです。どちらが情報として高級かということは見方によって変わると思いますが、この違いはたしかにあります。だから、テキストサイトと個人ニュースサイトとでは「価値のありか」「価値のあり方」が違うわけですね。(元記事元記事

香陸
けっこう昔のテキストだからいまにもあてはまるのかは再考が必要だけれど、個人ニュースサイトとしてはやはり「どこから拾ってきたか」という情報のほうが重要なのかなと思うのだけれど、どうかな。

セミマル
重要とまでいうといささか語弊がある気はするね。少なくとも、ニュースサイトと比較した場合に、ネタを作ったサイトさんの価値を下にみるようなことはしていない。自分の場合はどっちも大事。ただ、敬意の払い方が違う。

香陸
それでも、情報元表記としては、ネタ元サイトはリンクしないで、中継サイトのほうをリンクしているわけでしょう。この差異はどこからきているの?

セミマル
ニュースサイトに対しては、こんな面白い情報を「見つけてくれて」ありがとうという意味を込めて情報元として名前を載っける。それに対して、情報を作ってくれたサイトに対しては、こんな面白い情報を「見せてくれて」ありがとう。この情報はみんなと共有したいから、リンク貼らして頂きますねって感じで紹介する。

セミマル
つまり、紹介することそのものが、すでにリスペクトの意味合いを持つ。通常、否定的な感情でリンクを張るようなことは、自分はしていない。

香陸
なるほど。あえてトップページにリンクを張らなくても、取り上げたということで価値付けているわけだ。実際、それで歓喜する人や満足する人も多いよね。

セミマル
まぁ、これは実際のところは、単なる前提条件で、ネタを作ったサイトのトップページにリンクを貼らない理由は別にある。

香陸
それは?

セミマル
単に習慣化されていない(笑)。拍子抜けするようだけど、この「習慣」ってのは結構大きいと思っている。頭じゃ分かっているけど、なかなかできないことってあるじゃない。

香陸
手間かかるしね。

セミマル
そう。実際のところ、この手の不満が発生すると、ニュースサイト運営者側からはトップページなんてタイトルクリックしたら飛べるんだから別にリンクしなくてもいいじゃないとか、情報がどういう風に流れるか知るためには情報元としてニュースサイトの名前を載せとかないとダメなんですとか、いろいろ理屈こねた反論テキストが上がるけど、実際は単に面倒なだけってのが大きいんじゃないかな。

香陸
でも、面倒だからネタ元サイトだけリンクして、中継サイトはリンクしないということもできるわけでしょう。どうしてそうしないのかという話にもなると思うのだけれど。

セミマル
これについては伝統的な慣習が大きいんじゃないかな。あと、もしかするとオートアンカーの影響なんかもちょびっとあったりするのかも。

香陸
それはけっこうあると思う。ただ、僕は慣習というよりは「個人ニュースサイト」と呼ばれるようなサイトの性格として、ネタ元サイトよりも中継サイトを重視するのじゃないかなと思うのだけれど、やはりそれには納得いかない?

セミマル
重視とかいうふうに言われると、やっぱ釈然としないかも。自分にとってはどっちも不可欠ないわば車輪の両輪だし、どっちかを上に見て、どっちかを下に見るような結論には持って行きたくないところ。

セミマル
ただ、ネタ元サイトから「うちらは蔑ろにされているんじゃないか」という意見が上がることについては、真摯に受け止めるべきだよね。どう言い訳しようとも、ネタ元サイトのトップページにリンクしてないことは事実だし、それに対して批判が沸き起こるのであれば、甘んじて受けるしかない。

香陸
いや、どちらのコンテンツをより評価しているかということではなくて、事実、多くの個人ニュースサイトが情報元表記において、ネタ元サイトよりも中継サイトを取り上げるわけでしょう。それは「個人ニュースサイト」と呼ばれるサイトの性格なのではないかということなのだけれど。

香陸
実際、中継サイトをリンクしなくなって、ネタ元サイトだけを表記するようになったら「個人ニュースサイト」と呼ばれるような影響力を発揮するサイトはかなり失われると思うんだよ。

セミマル
それはそうだと思うね。

香陸
中継サイトを個人ニュースサイトが表記しあうことによって、個人ニュースサイト群による「界隈」ができあがっていて、情報の流通が半端じゃないほど跳ね上がっていると僕は感じていて、

セミマル
うんうん。

香陸
僕の考えでは、個人ニュースサイトは単体ではありえなくて、サイトの大きさにかかわらず、群体としてあるわけです。そして、そうした群体を形成するのに「情報元表記」というのがわりと有効に機能している、少なくとも、機能してきたのだろうと。だから、「個人ニュースサイト」と呼ばれるようなサイトは多かれ少なかれネタ元サイトよりも中継サイトに注目する性格を持っているのではないかと考えています。

香陸
セミマルさんとしては、個人ニュースサイトの運営者という立場から、「本来的には」ネタ元サイトと中継サイトは両方を表記したほうが良いという立場なの?

セミマル
そうだね。本来はそうすることがベターであると思う。特にトップページへのリンクを望んでいる人に対しては、それくらいのことはしてあげても罰は当たらないかなと。

香陸
じゃあ、どちらかというと「サービス」でやったほうが良いという感じかな。

セミマル
サービスとな。また新しいキーワードが出てきたなw

香陸
実際、情報元表記というのはしないと「いけない」というものではないでしょう。ネタ元サイトにせよ、中継サイトにせよ。ただ、個人ニュースサイトの伝統として、中継サイトにリンクを張っておいたほうがサイト運営上の判断として良い結果をもたらす場合が多いということだよね。だから、これはどちらかというと処世術に近い。

香陸
じゃあ、ネタ元サイトには、どういう理由でリンクを張ったほうが良いのかというときに、もちろん「敬意を払う」というのはひとつ大きな理由としてあるけれど、そうしたものを排除したときに、まだ、なにかネタ元サイトにリンクを張る理由があるとしたら、それはサイト運営者側の「サービス」になるのかなと。

セミマル
トップページにリンク貼ることで、相手のモチベーションが上がるのであれば、やっぱ貼るほうがいいよね。それで相手がさらに面白い情報を提供してくれれば、一閲覧者としては、また楽しめるわけだし。どっちも損しない。

香陸
たしかに。

香陸
ふむ、それじゃあ、予定していた項目は話しきっていないけれど、続きは次回以降にしようか。

セミマル
そうだね~。まさかこんなに長引くとは思わなかった。魔物が棲んでるな。

香陸
やはり、事前にもう少しまとめておかないといけないね。
だけど、個人ニュースサイト周りの情報元表記に関して、僕は勉強になった。

セミマル
喋りたいことがいっぱいあって、こんがらがってきた(笑)。

香陸
セミマルさんの喋りたいことの核心はどういうものなの?

セミマル
結局はどうやったら皆が楽しんでいけるか、かな。
どうせなら楽しみたいじゃない。

香陸
えらい壮大なテーマじゃないか。

セミマル
そうするのが、自分が楽しむ一番の近道だからね。
周りは楽しくないけど、自分だけ楽しいって状況を作り出すのは結構難しいぜ?

香陸
ただ、情報元表記に関しては、案外、取り上げられた側のいちゃもんだったりすることも多いと思うけれど、そこはどう思う?

セミマル
そうね。でも、それはこっちがそういう行動を起こさせるような悪い印象を相手に与えたってことだからね。完全に黙殺していいかというとそうでもないと思う。どう対処するかはバランスがなかなか難しいけども。

香陸
できる範囲で個人ニュースサイト側が個別に対応したほうがいろいろと円滑に進むよねという感じになるのかな。

セミマル
そうだね。もともと、こっちはな~んにも作り出せないわけで、ネット世界でいうところのヒエラルキーでいえば最下層に位置するわけなんだから、少しは気を利かせてみんなが幸せになれるように振る舞ってもいいよねってところかしら。

香陸
うむうむ。しかし、作り出すという観点から評価すると個人ニュースサイトは下層に位置するかもしれないけれど、送り出すという観点から評価すると個人ニュースサイトはどちらかというと上層に位置するわけで、そこは評価の水準が違うのだと思うよ。

セミマル
なるほど。その視点はなかったわ。

香陸
そこは製造業と流通業を同じ水準で評価するのはあまり適切ではないということと同じか似ていると思う。もちろん、それらの両面を兼ねているようなサイトもあると思うけれどね。僕流のスローガンで言うと「交易によって栄えた街が、なにも生産していないからといって非難される謂われはないだろう」ということです。

セミマル
その考え方は面白いね。なんというか、勇気や希望が沸いてくるね!

香陸
だね!

[PR]
香陸
今日は「情報元表記」です。「情報源」と「情報元」と、どっちにする? 僕としては「元」なのだけど。

セミマル
元だね。

香陸
それでは「ネタ元表記」「リンク元表記」等、一括して「情報元表記」にしましょう。

セミマル
どういう感じで進めよっか?

香陸
まずは個人ニュースサイトに限るかどうかというところだね。

セミマル
それは限らないでやりたい。

香陸
そこでどういう話になるのか僕には見当が付かないのだけれど……ひとまず、個人ニュースサイトは羅列型を想定しているということでいいの?

セミマル
個人ニュースサイトは羅列型を想定してる。あと、個人的に最低限やりたいのは「2chブログ」について、それと「はてブ」にも簡単に触れておきたい。ようするに自分がやってるもんについては一通り喋りたい。

香陸
なるほど。その分類のほかに考慮しておきたいことはある?

セミマル
あとはリンクされる側のサイトさんの話になるかな。

香陸
そうだそうだ、この話は立場を意識して話す必要があるよね。

セミマル
とりあえず、個人ニュースサイトの立場からの話にしますか?

香陸
そうしようか。

セミマル
おk

香陸
それでは、ひとまず、僕らはふたりとも情報元表記をかなりしっかりするほうだと思うのだけれど、どうかな。

セミマル
そうだね。それについてはやってるつもり。今はわりときちんとやってる人多いよね。昔はどうだったか全然知らないけども。

香陸
そこはやはり気になるよね。日本語圏の Web 文化にも(特に個人ニュースサイト界隈には顕著に)情報元表記をしないと「いけない」みたいな伝統はたしかにあって、それがひとつの共通了解になっているみたいなところはあるなと思う。

セミマル
これって俺ニュの影響が大きいのかな? 2003年以前がどんな雰囲気だったのか気になるね。

香陸
どうだったっけなあ……。

セミマル
正直、その頃の話についてはあまり知らないのよね。香陸さんは俺ニュ全盛時代には個人ニュースサイト見てた?

香陸
いや、実は俺ニュはほとんど見ていなかったりする。

セミマル
あ、そうなんだ。テキストサイトがメインかな?

香陸
そうだね、テキストサイトとか文芸サイトとかかな。あとはフラッシュサイトもけっこう覗いていた。でも、基本的にはダークマターでヲチしてた感じです。

セミマル
なるほど。

香陸
個人ニュースサイトで覗いていたといったら、かーずさんのところとか、みひろさんのところが最初だと思う。まあ、ほかにもあるけれど、いまはもうないサイトさんが多いね。

セミマル
ふむ。そこいらは情報元表記していたよね。

香陸
うん、していたね。それに、当時はまだサイトや人口の絶対数も少なかったし、大きなひとつのサザンクロスシティだったから、いまみたいに繊細な話題としては情報元表記の問題が顕在化していなかったということはあると思う。というか、このふたサイトは、どちらかというと「子ニュースサイト」だから、あまり気を使う必要もなかったかもしれない。

セミマル
なるほどね。

香陸
ちなみに、これもややこしい話だけれど、個人ニュースサイトを親・子・孫に分類する語り方があるでしょう。あれ、直感的にわかってしまうけれど、あまり正確な分類ではないよね。

セミマル
そうだね。どこを親とするかって結構悩ましいしね。

香陸
あと、実際には子サイトと孫サイトの区別はそれほど明確にはならないし、親サイトと子サイトを分ける旨みもそれほどないと思う。だから、あの分類は不用意に単純化しているところがあると僕は思うのだけれど、それでもまあ、いまはその分類をあてにしてちょっと話をします。

香陸
それで、情報元表記の有無に関して、親サイトが子サイトからネタを拾う場合と、子サイトが親サイトからネタを拾う場合とは、やはり非対称的なところがあって、そこにある問題も異なる受け取られ方をしているのではないかと思います。

セミマル
というと?

香陸
親サイトが子サイトからネタを拾ってきて情報元を表記しない場合は、子サイトの管理人が見付けてきたネタなのに「親サイト(ないし大手サイト)の手柄になってしまう」という観点から話をされがちなのに対して、

香陸
子サイトが親サイトからネタを拾ってきて情報元を表記しない場合は、情報元に対する敬意の不足やソースの曖昧さというような、「個人ニュースサイト界隈の暗黙の了解を無視している」というような観点から話をされがちかなと思う。

セミマル
ちょいと確認したいんだけども、香陸さんの想定している親サイトってどういうサイト? もしかすると、自分と香陸さんのイメージが乖離してるかもしれないから、一応明確にしたいんだけども。

香陸
僕が想定している「親サイト」は「公式のニュースサイトや個人サイトから直接、ネタを拾い上げて紹介しているサイト」という意味です。

香陸
本来は相対的な分類のはずなのに、話を進めるうちに個々のサイトの性格としての意味合いを帯びやすいから、本当はこういう分類はしないほうが良いとは思う。ただ、慣例的に Web ではこういう言葉遣いがされるから、いまは援用しています。

セミマル
あぁ、やっぱそうか。自分とはちょっと認識ズレてる。自分の場合、親サイトは

  1. 公式のニュースサイト (読売新聞 とか ITmedia とか)
  2. 自分でネタを作り上げるサイト (Flashサイトとかテキストサイトとか)

というようなイメージで、「個人サイトから直接、ネタを拾い上げて紹介しているサイト」は「子サイト」というイメージを持っている。

香陸
なるほど。

セミマル
明確に定義されているわけじゃないから、結構ややこしいな。

香陸
というか、いま、ちょっとした衝撃を受けているのだけど、どちらが語の使用法として慣例になっているのだろう?

セミマル
むむむ。正直、自信が持てない。

香陸
セミマルさんの解釈の下の場合だと「親ニュースサイト」という言い方はおかしいことになるよね。その場合は「親サイト」かな。

セミマル
そうだね。親サイト。ややこしいのが、親サイトでありながら親ニュースサイトでもあるサイトがあるということかな。読売みたいな一般的な公式ニュースサイトとか、アキバBlog みたいに自分で取材して記事書いてるサイトとか。

香陸
Wikipedia と はてな を参照したら、「情報元サイト」のことを「親サイト」というと書いてあるね。


セミマル
そうなんだー。それはしらなんだ。

香陸
今回はちょっと情報元表記に関する話題の洗い出しに使いましょう。

セミマル
了解。そうしよう。まさか言葉の解釈だけでこんなに時間取られるとは思わなかった。

香陸
検索をかけてもちゃんとまとまった情報がほとんどないから、これは混乱するね。

セミマル
実際、各々が勝手に解釈して適当に使ってる感じだね。

香陸
しかしこれ、どこから話さなきゃいけないんだろう。歴史的な話からする必要あるかな。

セミマル
とりあえず、歴史的な話はおいとかない?

香陸
そうだね、ちょっとちまちました話になりすぎるし、それは別の機会にしよう。じゃあ、親・子・孫という個人ニュースサイトの分類の起源も別の機会ということにしましょう。

セミマル
分類についてはお互いの認識を整理してから検討することにして、とりあえず情報共有しない?

香陸
それでいきましょう。

セミマル
おk

香陸
では、一足飛びで訊きたいのだけれど、個人ニュースサイトの管理人として、情報元表記をしていないサイトにはどういう感想をもったり評価をしたりしていますか?

セミマル
そうだね~。情報元を書くか書かないかはその人のポリシーだから、別に他人がとやかく言うことじゃないと思う。ただ、個人的には書いてくれたほうが嬉しい。自分のサイトの名前がそこにあるとやっぱり嬉しいしね。あとは単純に好みの話になりそうだけど、なぜか自分は情報元を表記するサイトを巡回する傾向にある。

セミマル
香陸さんはどうなの?

香陸
僕も大体、同じ意見。たぶん、これを読む人の大多数がそうじゃないかな。

香陸
ちなみに情報元表記をしてくれたほうが嬉しいというのは、取り上げられる立場として嬉しいということ? それとも、どこから情報を拾ってきたかわかるからという具合に、取り上げる立場として嬉しいということ?

セミマル
前者かな。ホント単純に「ウチのサイト見てくれてるんだぁ」みたいな感覚。

香陸
なるほど。

セミマル
かーずSP とか カトゆー家断絶 にはじめて自分のサイト名が載ったときは、飛び上がるほど嬉しかったよ。

香陸
たしかに僕もかーずさんのところに取り上げられたときには驚いたし、嬉しかったな。

セミマル
ウチのサイトもついに憧れのサイトさんの御眼鏡にかなったのかーみたいなね。

香陸
うむうむ。少し話は変わるけれど、僕は明らかにどこか他の個人ニュースサイトから情報を引っ張ってきているのに情報元表記をしていないと思われるサイトからはあまりネタを拾ってこないのだけれど、そういうことってする?

セミマル
あ~、そもそもそういうトコってあんま巡回に入ってないかも。例えばなんてサイト?

セミマル
さすがに言い辛いか(笑)。

香陸
ちょっとすぐには見付からないけれど、たまにあるのさ。けっこう好きなサイトだなと思ったりしても、情報元表記をしていないから「うーん、どうしよう」と悩むこととか。

セミマル
そういうサイトってわりと自然に巡回から排除されるな、自分の場合。

香陸
そうだね、僕も巡回からは省いちゃう。どちらかというとリファラで飛んだりして見付けることが多いのだけれど。

セミマル
少し話を戻すと、情報元表記をしてないサイトに対する感覚として、決してポジティブな感覚は持っていないという感じだよね。

香陸
そうだね。しかも感覚だけじゃなくて、実際に情報元表記をしないサイトからはネタを拾ったりもしないよね。つまり、感覚的にネガティブというだけではなくて、実質的にもネガティブなところがある。界隈と言っていいなら、個人ニュースサイト界隈全体にそういう雰囲気はあるんじゃないかな。

セミマル
それはなんとなく嫌悪感というかモヤモヤしたものが気持ちの中にあるってこと?

香陸
気持ちとしては「ただ乗りされるのはちょっといやだ」というものだと思う。だから、個人ニュースサイトの側からすると「嫌悪感」というよりはむしろ「義務感に抵触する」というのに近いと思う。そういう気持ちを生じさせる「情報元表記はして当たり前」みたいな文化ないし伝統があるかなと。

セミマル
それは間違いなくあると思う。自分もサイトを始めるときに何の疑問も持たずに情報元表記してた。理由は、そうすると「ニュースサイト」っぽく見えるからというカッコつけたがりの厨房みたいな感性ゆえにだけども。

香陸
そうなんだ(笑)。でも、その感覚はちょっとわかるかも。

セミマル
みんなやってたしね。こういう風にやるもんなんだと思ってた。とりあえず形から入る(笑)。

香陸
僕の個人的な感想になるけれど、リドミに参戦することがテキストサイトの第一線でやっていくということの表明であったように、情報元表記をしてすでに情報を回し合っているサイト群からネタを拾ってくるということが個人ニュースサイトの第一線に参戦するというような意識があったかも。

セミマル
なるほど。

[PR]
香陸
予定していた 1/3 も話していないけれど、続きは次回以降にしようか。

セミマル
そうだね~。まさかこんなに長引くとは思わなかった。魔物が棲んでるな。

香陸
やはり、事前にもう少しまとめておかないといけないね。
だけど、個人ニュースサイト周りの情報元表記に関して、僕は勉強になった。

セミマル
喋りたいことがいっぱいあって、こんがらがってきた(笑)。

香陸
セミマルさんの喋りたいことの核心はどういうものなの?

セミマル
結局はどうやったら皆が楽しんでいけるか、かな。
どうせなら楽しみたいじゃない。

香陸
えらい壮大なテーマじゃないか。

セミマル
そうするのが、自分が楽しむ一番の近道だからね。
周りは楽しくないけど、自分だけ楽しいって状況を作り出すのは結構難しいぜ?

香陸
ただ、情報元表記に関しては、案外、取り上げられた側のいちゃもんだったりすることも多いと思うけれど、そこはどう思う?

セミマル
そうね。でも、それはこっちがそういう行動を起こさせるような悪い印象を相手に与えたってことだからね。完全に黙殺していいかというとそうでもないと思う。どう対処するかはバランスがなかなか難しいけども。

香陸
できる範囲で個人ニュースサイト側が個別に対応したほうがいろいろと円滑に進むよねという感じになるのかな。

セミマル
そうだね。もともと、こっちはな~んにも作り出せないわけで、ネット世界でいうところのヒエラルキーでいえば最下層に位置するわけなんだから、少しは気を利かせてみんなが幸せになれるように振る舞ってもいいよねってところかしら。

香陸
うむうむ。しかし、作り出すという観点から評価すると個人ニュースサイトは下層に位置するかもしれないけれど、送り出すという観点から評価すると個人ニュースサイトはどちらかというと上層に位置するわけで、そこは評価の水準が違うのだと思うよ。

セミマル
なるほど。その視点はなかったわ。

香陸
そこは製造業と流通業を同じ水準で評価するのはあまり適切ではないということと同じか似ていると思う。もちろん、それらの両面を兼ねているようなサイトもあると思うけれどね。僕流のスローガンで言うと「交易によって栄えた街が、なにも生産していないからといって非難される謂われはないだろう」ということです。

セミマル
その考え方は面白いね。なんというか、勇気や希望が沸いてくるね!

香陸
だね!

[PR]
香陸
実際、中継サイトをリンクしなくなって、ネタ元サイトだけを表記するようになったら「個人ニュースサイト」と呼ばれるような影響力を発揮するサイトはかなり失われると思うんだよ。

セミマル
それはそうだと思うね。

香陸
中継サイトを個人ニュースサイトが表記しあうことによって、個人ニュースサイト群による「界隈」ができあがっていて、情報の流通が半端じゃないほど跳ね上がっていると僕は感じていて、

セミマル
うんうん。

香陸
僕の考えでは、個人ニュースサイトは単体ではありえなくて、サイトの大きさにかかわらず、群体としてあるわけです。そして、そうした群体を形成するのに「情報元表記」というのがわりと有効に機能している、少なくとも、機能してきたのだろうと。だから、「個人ニュースサイト」と呼ばれるようなサイトは多かれ少なかれネタ元サイトよりも中継サイトに注目する性格を持っているのではないかと考えています。

香陸
セミマルさんとしては、個人ニュースサイトの運営者という立場から、「本来的には」ネタ元サイトと中継サイトは両方を表記したほうが良いという立場なの?

セミマル
そうだね。本来はそうすることがベターであると思う。特にトップページへのリンクを望んでいる人に対しては、それくらいのことはしてあげても罰は当たらないかなと。

香陸
じゃあ、どちらかというと「サービス」でやったほうが良いという感じかな。

セミマル
サービスとな。また新しいキーワードが出てきたなw

香陸
実際、情報元表記というのはしないと「いけない」というものではないでしょう。ネタ元サイトにせよ、中継サイトにせよ。ただ、個人ニュースサイトの伝統として、中継サイトにリンクを張っておいたほうがサイト運営上の判断として良い結果をもたらす場合が多いということだよね。だから、これはどちらかというと処世術に近い。

香陸
じゃあ、ネタ元サイトには、どういう理由でリンクを張ったほうが良いのかというときに、もちろん「敬意を払う」というのはひとつ大きな理由としてあるけれど、そうしたものを排除したときに、まだ、なにかネタ元サイトにリンクを張る理由があるとしたら、それはサイト運営者側の「サービス」になるのかなと。

セミマル
トップページにリンク貼ることで、相手のモチベーションが上がるのであれば、やっぱ貼るほうがいいよね。それで相手がさらに面白い情報を提供してくれれば、一閲覧者としては、また楽しめるわけだし。どっちも損しない。

香陸
たしかに。

[PR]
香陸
僕はネタ元サイトと中継サイトの両方にリンクを張るのが普通という感じでやってきたのだけれど、ここのところで問題が起こることがあるでしょう。

セミマル
コレとか?

http://d.hatena.ne.jp/Mr_Rancelot/20070924/p2 (*リンク先のサイトが消滅してしまったので、はてなブックマーク - green - 立場が違う、感覚が違う にリンクをしておきます。記事は「個人ニュースサイトは中継サイトを情報元として表記しやすいけれど、正直、それはネタ元サイトとしては不満だったりするところもある」という内容を含むものでした)

香陸
そうそう。ネタ元サイトだけを表記していると「そのネタを見付けた人への敬意の不足」を訴えられ、中継サイトだけを表記していると「ネタ元への敬意の不足」を訴えられるという板挟みのなかにあって、それでも個人ニュースサイトは中継サイトを情報元として表記する傾向にあると。これについてはどう思う。

セミマル
これもなんとなく、そうなってるだけじゃない?

香陸
どちらか片方しか表記しないなら、やはり個人ニュースサイトは中継サイトのほうを情報元として表記するでしょう。僕は「個人ニュースサイト」の性格として、この「中継サイトのほうを紹介する」ということは当然だと思うのだけれど。

セミマル
つまり、個人ニュースサイトは、ある情報を別の個人ニュースサイトA から得た場合、その情報を実際に発信しているサイトB の名前については表記せず、個人ニュースサイトA の名前しか載せないってことでいいんだよね?

香陸
そう。そういう傾向があるということ。実際、そういうサイトが多いしね。

セミマル
おk。自分もどちらかというとこのタイプに属するね。サイトB の名前は書かない場合が多い。

香陸
僕は両方とも表記するタイプになる。

セミマル
それスゴク偉いよね。本当はそういうふうにすべきなんだと思う。

香陸
むしろ僕の場合、ネタを先に見付けていても、同じネタを紹介しているサイトを見付けたら中継サイトとして後付けでそのサイトを紹介したりするからね(笑)。

香陸
情報元表記に関しては以前、ちょっと書いたことがあって、そのときはテキストサイトと個人ニュースサイトとでは情報元に対する「価値のあり方」が違うという風に書いたのだけれど、読んだことあるかな。ちょっと張ります。

普通、「ネタ元表記」というのは「サイト名」を載せるんです。掲示板やメールでタレこみの情報でももらわない限り、ネタ元表記が「人名」になることはありません。これはつまり、「誰がこの情報をもっていた(作った)か」ということよりも、「どこにこの情報が(まとめて)あったのか」ということのほうが個人ニュースサイトとしては重要だということです。どちらが情報として高級かということは見方によって変わると思いますが、この違いはたしかにあります。だから、テキストサイトと個人ニュースサイトとでは「価値のありか」「価値のあり方」が違うわけですね。(元記事元記事

香陸
けっこう昔のテキストだからいまにもあてはまるのかは再考が必要だけれど、個人ニュースサイトとしてはやはり「どこから拾ってきたか」という情報のほうが重要なのかなと思うのだけれど、どうかな。

セミマル
重要とまでいうといささか語弊がある気はするね。少なくとも、ニュースサイトと比較した場合に、ネタを作ったサイトさんの価値を下にみるようなことはしていない。自分の場合はどっちも大事。ただ、敬意の払い方が違う。

香陸
それでも、情報元表記としては、ネタ元サイトはリンクしないで、中継サイトのほうをリンクしているわけでしょう。この差異はどこからきているの?

セミマル
ニュースサイトに対しては、こんな面白い情報を「見つけてくれて」ありがとうという意味を込めて情報元として名前を載っける。それに対して、情報を作ってくれたサイトに対しては、こんな面白い情報を「見せてくれて」ありがとう。この情報はみんなと共有したいから、リンク貼らして頂きますねって感じで紹介する。

セミマル
つまり、紹介することそのものが、すでにリスペクトの意味合いを持つ。通常、否定的な感情でリンクを張るようなことは、自分はしていない。

香陸
なるほど。あえてトップページにリンクを張らなくても、取り上げたということで価値付けているわけだ。実際、それで歓喜する人や満足する人も多いよね。

セミマル
まぁ、これは実際のところは、単なる前提条件で、ネタを作ったサイトのトップページにリンクを貼らない理由は別にある。

香陸
それは?

セミマル
単に習慣化されていない(笑)。拍子抜けするようだけど、この「習慣」ってのは結構大きいと思っている。頭じゃ分かっているけど、なかなかできないことってあるじゃない。

香陸
手間かかるしね。

セミマル
そう。実際のところ、この手の不満が発生すると、ニュースサイト運営者側からはトップページなんてタイトルクリックしたら飛べるんだから別にリンクしなくてもいいじゃないとか、情報がどういう風に流れるか知るためには情報元としてニュースサイトの名前を載せとかないとダメなんですとか、いろいろ理屈こねた反論テキストが上がるけど、実際は単に面倒なだけってのが大きいんじゃないかな。

香陸
でも、面倒だからネタ元サイトだけリンクして、中継サイトはリンクしないということもできるわけでしょう。どうしてそうしないのかという話にもなると思うのだけれど。

セミマル
これについては伝統的な慣習が大きいんじゃないかな。あと、もしかするとオートアンカーの影響なんかもちょびっとあったりするのかも。

香陸
それはけっこうあると思う。ただ、僕は慣習というよりは「個人ニュースサイト」と呼ばれるようなサイトの性格として、ネタ元サイトよりも中継サイトを重視するのじゃないかなと思うのだけれど、やはりそれには納得いかない?

セミマル
重視とかいうふうに言われると、やっぱ釈然としないかも。自分にとってはどっちも不可欠ないわば車輪の両輪だし、どっちかを上に見て、どっちかを下に見るような結論には持って行きたくないところ。

セミマル
ただ、ネタ元サイトから「うちらは蔑ろにされているんじゃないか」という意見が上がることについては、真摯に受け止めるべきだよね。どう言い訳しようとも、ネタ元サイトのトップページにリンクしてないことは事実だし、それに対して批判が沸き起こるのであれば、甘んじて受けるしかない。

香陸
いや、どちらのコンテンツをより評価しているかということではなくて、事実、多くの個人ニュースサイトが情報元表記において、ネタ元サイトよりも中継サイトを取り上げるわけでしょう。それは「個人ニュースサイト」と呼ばれるサイトの性格なのではないかということなのだけれど。

[PR]
香陸
それでは話を戻しまして、僕は明らかにどこか他の個人ニュースサイトから情報を引っ張ってきているのに情報元表記をしていないと思われるサイトからはあまりネタを拾ってこないのだけれど、そういうことってする?

セミマル
あ~、そもそもそういうトコってあんま巡回に入ってないかも。例えばなんてサイト?

セミマル
さすがに言い辛いか(笑)。

香陸
ちょっとすぐには見付からないけれど、たまにあるのさ。けっこう好きなサイトだなと思ったりしても、情報元表記をしていないから「うーん、どうしよう」と悩むこととか。

セミマル
そういうサイトってわりと自然に巡回から排除されるな、自分の場合。

香陸
そうだね、僕も巡回からは省いちゃう。どちらかというとリファラで飛んだりして見付けることが多いのだけれど。

セミマル
少し話を戻すと、情報元表記をしてないサイトに対する感覚として、決してポジティブな感覚は持っていないという感じだよね。

香陸
そうだね。しかも感覚だけじゃなくて、実際に情報元表記をしないサイトからはネタを拾ったりもしないよね。つまり、感覚的にネガティブというだけではなくて、実質的にもネガティブなところがある。界隈と言っていいなら、個人ニュースサイト界隈全体にそういう雰囲気はあるんじゃないかな。

セミマル
それはなんとなく嫌悪感というかモヤモヤしたものが気持ちの中にあるってこと?

香陸
気持ちとしては「ただ乗りされるのはちょっといやだ」というものだと思う。だから、個人ニュースサイトの側からすると「嫌悪感」というよりはむしろ「義務感に抵触する」というのに近いと思う。そういう気持ちを生じさせる「情報元表記はして当たり前」みたいな文化ないし伝統があるかなと。

セミマル
それは間違いなくあると思う。自分もサイトを始めるときに何の疑問も持たずに情報元表記してた。理由は、そうすると「ニュースサイト」っぽく見えるからというカッコつけたがりの厨房みたいな感性ゆえにだけども。

香陸
そうなんだ(笑)。でも、その感覚はちょっとわかるかも。

セミマル
みんなやってたしね。こういう風にやるもんなんだと思ってた。とりあえず形から入る(笑)。

香陸
僕の個人的な感想になるけれど、リドミに参戦することがテキストサイトの第一線でやっていくということの表明であったように、情報元表記をしてすでに情報を回し合っているサイト群からネタを拾ってくるということが個人ニュースサイトの第一線に参戦するというような意識があったかも。

セミマル
なるほど。

[PR]
香陸
じゃあ、一足飛びで訊きたいのだけれど、個人ニュースサイトの管理人として、情報元表記をしていないサイトにはどういう感想をもったり評価をしたりしていますか?

セミマル
そうだね~。情報元を書くか書かないかはその人のポリシーだから、別に他人がとやかく言うことじゃないと思う。ただ、個人的には書いてくれたほうが嬉しい。自分のサイトの名前がそこにあるとやっぱり嬉しいしね。あとは単純に好みの話になりそうだけど、なぜか自分は情報元を表記するサイトを巡回する傾向にある。

セミマル
香陸さんはどうなの?

香陸
僕も大体、同じ意見。たぶん、これを読む人の大多数がそうじゃないかな。

香陸
ちなみに情報元表記をしてくれたほうが嬉しいというのは、取り上げられる立場として嬉しいということ? それとも、どこから情報を拾ってきたかわかるからという具合に、取り上げる立場として嬉しいということ?

セミマル
前者かな。ホント単純に「ウチのサイト見てくれてるんだぁ」みたいな感覚。

香陸
なるほど。

セミマル
かーずSP とか カトゆー家断絶 にはじめて自分のサイト名が載ったときは、飛び上がるほど嬉しかったよ。

香陸
たしかに僕もかーずさんのところに取り上げられたときには驚いたし、嬉しかったな。

セミマル
ウチのサイトもついに憧れのサイトさんの御眼鏡にかなったのかーみたいなね。

[PR]
香陸
個人ニュースサイトを親・子・孫に分類する語り方があるでしょう。あれ、直感的にわかってしまうけれど、あまり正確な分類ではないよね。

セミマル
そうだね。どこを親とするかって結構悩ましいしね。

香陸
あと、実際には子サイトと孫サイトの区別はそれほど明確にはならないし、親サイトと子サイトを分ける旨みもそれほどないと思う。だから、あの分類は不用意に単純化しているところがあると僕は思うのだけれど、それでもまあ、いまはその分類をあてにしてちょっと話をします。

香陸
それで、情報元表記の有無に関して、親サイトが子サイトからネタを拾う場合と、子サイトが親サイトからネタを拾う場合とは、やはり非対称的なところがあって、そこにある問題も異なる受け取られ方をしているのではないかと思います。

セミマル
というと?

香陸
親サイトが子サイトからネタを拾ってきて情報元を表記しない場合は、子サイトの管理人が見付けてきたネタなのに「親サイト(ないし大手サイト)の手柄になってしまう」という観点から話をされがちなのに対して、

香陸
子サイトが親サイトからネタを拾ってきて情報元を表記しない場合は、情報元に対する敬意の不足やソースの曖昧さというような、「個人ニュースサイト界隈の暗黙の了解を無視している」というような観点から話をされがちかなと思う。

セミマル
ちょいと確認したいんだけども、香陸さんの想定している親サイトってどういうサイト? もしかすると、自分と香陸さんのイメージが乖離してるかもしれないから、一応明確にしたいんだけども。

香陸
僕が想定している「親サイト」は「公式のニュースサイトや個人サイトから直接、ネタを拾い上げて紹介しているサイト」という意味です。

香陸
本来は相対的な分類のはずなのに、話を進めるうちに個々のサイトの性格としての意味合いを帯びやすいから、本当はこういう分類はしないほうが良いとは思う。ただ、慣例的に Web ではこういう言葉遣いがされるから、いまは援用しています。

セミマル
あぁ、やっぱそうか。自分とはちょっと認識ズレてる。自分の場合、親サイトは

  1. 公式のニュースサイト (読売新聞 とか ITmedia とか)
  2. 自分でネタを作り上げるサイト (Flashサイトとかテキストサイトとか)

というようなイメージで、「個人サイトから直接、ネタを拾い上げて紹介しているサイト」は「子サイト」というイメージを持っている。

香陸
なるほど。

セミマル
明確に定義されているわけじゃないから、結構ややこしいな。

香陸
というか、いま、ちょっとした衝撃を受けているのだけど、どちらが語の使用法として慣例になっているのだろう?

セミマル
むむむ。正直、自信が持てない。

香陸
セミマルさんの解釈の下の場合だと「親ニュースサイト」という言い方はおかしいことになるよね。その場合は「親サイト」かな。

セミマル
そうだね。親サイト。ややこしいのが、親サイトでありながら親ニュースサイトでもあるサイトがあるということかな。読売みたいな一般的な公式ニュースサイトとか、アキバBlog みたいに自分で取材して記事書いてるサイトとか。

香陸
Wikipedia と はてな を参照したら、「情報元サイト」のことを「親サイト」というと書いてあるね。


セミマル
そうなんだー。それはしらなんだ。

香陸
今回はちょっと情報元表記に関する話題の洗い出しに使いましょう。

セミマル
了解。そうしよう。まさか言葉の解釈だけでこんなに時間取られるとは思わなかった。

香陸
検索をかけてもちゃんとまとまった情報がほとんどないから、これは混乱するね。

セミマル
実際、各々が勝手に解釈して適当に使ってる感じだね。

[PR]
香陸
今日は「情報元表記」です。「情報源」と「情報元」と、どっちにする? 僕としては「元」なのだけど。

セミマル
元だね。

香陸
それでは「ネタ元表記」「リンク元表記」等、一括して「情報元表記」にしましょう。

セミマル
どういう感じで進めよっか?

香陸
まずは個人ニュースサイトに限るかどうかというところだね。

セミマル
それは限らないでやりたい。

香陸
そこでどういう話になるのか僕には見当が付かないのだけれど……ひとまず、個人ニュースサイトは羅列型を想定しているということでいいの?

セミマル
個人ニュースサイトは羅列型を想定してる。あと、個人的に最低限やりたいのは「2chブログ」について、それと「はてブ」にも簡単に触れておきたい。ようするに自分がやってるもんについては一通り喋りたい。

香陸
なるほど。その分類のほかに考慮しておきたいことはある?

セミマル
あとはリンクされる側のサイトさんの話になるかな。

香陸
そうだそうだ、この話は立場を意識して話す必要があるよね。

セミマル
とりあえず、個人ニュースサイトの立場からの話にしますか?

香陸
そうしようか。

セミマル
おk

香陸
それでは、ひとまず、僕らはふたりとも情報元表記をかなりしっかりするほうだと思うのだけれど、どうかな。

セミマル
そうだね。それについてはやってるつもり。今はわりときちんとやってる人多いよね。昔はどうだったか全然知らないけども。

香陸
そこはやはり気になるよね。日本語圏の Web 文化にも(特に個人ニュースサイト界隈には顕著に)情報元表記をしないと「いけない」みたいな伝統はたしかにあって、それがひとつの共通了解になっているみたいなところはあるなと思う。

[PR]