井戸チャ通信(21) 「可視化する界隈と王者の擁立」

本編(2007年11月24日)

セミマル
それで、話の続きだけども、個人ニュースサイトは カトゆー とか かーず だけじゃないわけですよ。

香陸
そうよね。僕らの周りだと意外にそのあたりの大手さんは見ていないっていう人も多かったけれど、いまごりごりに更新している人たちはみんな見てるのかな。

セミマル
見てない人ももしかすると多いかもしれないねー。

香陸
ちなみに、カトゆー さんと かーず さんに ゴルゴ さんを加えて「KKG」というらしいよね。この省略の意味を知ったときに僕は感動したよ。おお、羅列型個人ニュースサイトもすてたものじゃないじゃないか、というかむしろ、前より影響力は大きいんじゃないかと。

セミマル
そうね。特にオタクネタに関しては結構影響力あるかもしれないね~。

香陸
ちょっと話が逸れるし、意地悪な言い回しになるかもしれないけれど、ちょっといい?

セミマル
いいよ。

香陸
「王にならんと欲する庶民がいないなら、王は王たりえない」ということはありうると思うのだけど、僕は個人ニュースサイト界隈でもそういうことが起きていたのかなと思ったりしていた。

セミマル
もうちょっとkwsk

香陸
個人ニュースサイト界隈みたいなとこで有名になりたいと思っている人たちが、現時点での王様として かーず さんとかを祭り上げているのじゃないか、という感じかな。

香陸
つまり、そのうち自分も王様になりたいから、いまの王様を作り出しているということ。うーむ、こう書いていてやはり意地悪いと感じるね(笑)。

セミマル
でも、それはあるかもしれないね。かーず さんなんかが典型的なんだけど、「個人ニュースサイトやってたら声優さんとお会いできました!」みたいなのが羨ましいっていうサイト管理人はけっこういて、「そういうのを自分も経験したい!」って人も一定数いるという実感はある。

香陸
もちろん、そういうのが悪いというわけではないんだけどね。なにもないところになにかがあるようにみせて盛り上がる、大いにけっこうと。

香陸
わるいわるい、話が逸れました。

セミマル
いや、全然いいよ。

セミマル
話を少し戻すけど、王様を作り出すって考え方は面白いね。自分にはちょっとなかった発想だよ。

香陸
Project::Logistica. に参加していた人たちなんかはむしろ、そういうのから意識的に距離を置いているのかなという印象を僕はもっていたよ(まなめ さんはちょっと違うかもしれない)。

セミマル
そもそも、オタクネタをメインにしてる人いないしね。

香陸
そうだね。わりといま主流の個人ニュースサイトさんたちとは傾向が違うように思う。そういうところを勘案すると、やはりストイックな印象はあるかな。

セミマル
いまは、オタクネタをメインに据えてるサイトが主流だよね。上で出てたKKGなんかもそうだけどさ。

香陸
それはつまり、結局、「個人ニュースサイト」の閲覧者には「いわゆるオタク(主に漫画オタクとアニメオタク)」が多いということだろうね。逆に言うと、いまの個人ニュースサイトにおいてはメインターゲットを「オタク層」に設定するのが王道ということになるかもしれない。

香陸
ブログ界隈(いわゆるブロゴスフィア)では「アルファブロガー」という称号のもとに特定のサイトを憧れの対象として祭り上げることがあるけれど、それと同等のことは個人ニュースサイト界隈でも起きていたのかなという印象はある。個人ニュースサイトの場合は「アルファブロガー」よりも泥臭いけど(笑)。

セミマル
そういうふうに見えるのは、コミケで実際に会ったり、ミクシィやついったーで積極的に交流して、横の繋がりを強固にしてるっていうのが大きいかもね。

香陸
横の繋がりの重要さはあるよね。そういう人と人との繋がりによるコミュニティがウェブというメディアにおいても顕在化してきているという印象はあるかな。逆に言うと、結局のところ、ウェブの人間関係もポリティカルな関係性に捕らわれているということ。


後日談(2008年08月02日)

セミマル
【可視化する界隈と王者の擁立】だね。

香陸
これ、怒られないかなあ。

セミマル
怒られたりはしないと思うけどね。少なくとも当事者から怒られることはないと思う。と、予防線を張っとこう。

セミマル
ただ、全然知らない人に噛み付かれるかもしれんけどね(笑)

香陸
まあ、仕方がない(笑)。

セミマル
個人的には、ここのくだりが一番面白い。

セミマル
こういう話って思っててもなかなか言う人いないしね。そういう意味じゃスゴク貴重な気がするよ。

香陸
これはほぼ去年の話になるけれど、セミマルさんはいまから振り返って、ここで僕が言っていることについてはどう思う?

セミマル
いや、指摘している通り、王様を祭り上げてる部分ってのはずいぶんあると思う。

香陸
僕はちょっと、ここで僕が言っていることの主眼を忘れちゃっているんだけど、やはり、ウェブ上ではウェブ上でのヒエラルキー指向みたいなものがあって、それはわりと自動的に生成されるようになってるね、ということでいいのかな。

セミマル
うん。あとは若干閉塞感を感じてるから、こういう話になったってのはあるんじゃない? 昔からやってる有名サイトがずっとパワーを持ってて、新しいサイトがなかなか出てこないってのが、今の個人ニュースサイトの実情だし。

香陸
なるほど。あとさ、その話をすると、もう「個人ニュースサイト」みたいなカテゴリが融解してきているという感じもしない?

セミマル
融解というと?

香陸
「個人ニュースサイト」というカテゴリはもう、「よーし、これから個人ニュースサイトを作って、サイトを大きくしていこう!」というような指標にならなくなってきてるんじゃないかなと。

セミマル
あぁ、それはあるかも。

香陸
もっとザックリ言っちゃうと、もう「個人ニュースサイト」なんてないんだよ。「テキストサイト」というカテゴリが消滅したように。

香陸
たまたま、自分のサイトで時事のニュースとかウェブで話題のニュースを取り上げる、くらいなもので、「個人ニュースサイトとして更新する」みたいな使命感って、僕らとかもう少し下の世代しかもうもってないんじゃないかな。

セミマル
それはあるかもしれんね。ソーシャルブックマークやら RSS やらあるのに、わざわざ始めようと思う人は少ないかもしれんね。

香陸
そうそう、あと、SNS とかミニブログの影響もそうとうあるはずだよね。

香陸
サイトを作らなくても、「こんな面白いものめっけてきたー!」って誰かに伝える欲求を満たす環境が、ほかにいろいろあるという。以前にみられたような上昇志向はサイトの大きさとは別のところで補填されるようになってきているのかなと思うね。

セミマル
そだねー。要するに個人ニュースサイトなんてもう流行んねぇよ、夏。みたいな感じか。

香陸
うわー、切ない。

セミマル
とはいえ、個人的には面白いから、ちびちび続けていくんだけどね(笑)。この面白さは他の媒体じゃ味わえないんだぜ。

[PR]