井戸チャ通信(14) 「どうして個人ニュースサイトはネタ元サイトを情報元として表記せねばならないのか」

香陸
実際、中継サイトをリンクしなくなって、ネタ元サイトだけを表記するようになったら「個人ニュースサイト」と呼ばれるような影響力を発揮するサイトはかなり失われると思うんだよ。

セミマル
それはそうだと思うね。

香陸
中継サイトを個人ニュースサイトが表記しあうことによって、個人ニュースサイト群による「界隈」ができあがっていて、情報の流通が半端じゃないほど跳ね上がっていると僕は感じていて、

セミマル
うんうん。

香陸
僕の考えでは、個人ニュースサイトは単体ではありえなくて、サイトの大きさにかかわらず、群体としてあるわけです。そして、そうした群体を形成するのに「情報元表記」というのがわりと有効に機能している、少なくとも、機能してきたのだろうと。だから、「個人ニュースサイト」と呼ばれるようなサイトは多かれ少なかれネタ元サイトよりも中継サイトに注目する性格を持っているのではないかと考えています。

香陸
セミマルさんとしては、個人ニュースサイトの運営者という立場から、「本来的には」ネタ元サイトと中継サイトは両方を表記したほうが良いという立場なの?

セミマル
そうだね。本来はそうすることがベターであると思う。特にトップページへのリンクを望んでいる人に対しては、それくらいのことはしてあげても罰は当たらないかなと。

香陸
じゃあ、どちらかというと「サービス」でやったほうが良いという感じかな。

セミマル
サービスとな。また新しいキーワードが出てきたなw

香陸
実際、情報元表記というのはしないと「いけない」というものではないでしょう。ネタ元サイトにせよ、中継サイトにせよ。ただ、個人ニュースサイトの伝統として、中継サイトにリンクを張っておいたほうがサイト運営上の判断として良い結果をもたらす場合が多いということだよね。だから、これはどちらかというと処世術に近い。

香陸
じゃあ、ネタ元サイトには、どういう理由でリンクを張ったほうが良いのかというときに、もちろん「敬意を払う」というのはひとつ大きな理由としてあるけれど、そうしたものを排除したときに、まだ、なにかネタ元サイトにリンクを張る理由があるとしたら、それはサイト運営者側の「サービス」になるのかなと。

セミマル
トップページにリンク貼ることで、相手のモチベーションが上がるのであれば、やっぱ貼るほうがいいよね。それで相手がさらに面白い情報を提供してくれれば、一閲覧者としては、また楽しめるわけだし。どっちも損しない。

香陸
たしかに。

[PR]