井戸チャ通信(06) 「コミュニケーションという観点から無断リンク論を再構成する」

香陸
それじゃあ、ちょっと想定問答集を叩き台に話をしたいと思うのだけれど。

セミマル
うん。

「無断リンク禁止/直リンク禁止」命令に関する想定問答集
http://park5.wakwak.com/~tanaka02b/column/faq.htm

香陸
ここを参照する人はわりといるだろうし、これを読むと無断リンク論争のおおまかな話の枠組みと雰囲気はわかるでしょう。

セミマル
そうだね。

香陸
そういった点でこのまとめは便利だと思うのだけれど、ただ、個人的に「これはやはりリンクフリー者が書いたのだな」と思う項目もあって、

香陸
それがたとえば、「Q.6 私は知らないところからリンクされたくないんです。それなのに、リンクしてくる人がいるんです。これってひどい嫌がらせだと思います」 だったりするのだけれど、これの回答なんかはちょっと理不尽だなと僕なんかは思うわけです。

セミマル
この項目は自分も引っかかった。

香陸
僕はこれ、正直「それはたしかに嫌がらせだな」と思うのだけれど、セミマルさんはどう?

セミマル
知っててやるか、知らずにやるかでかなり見方が変わる話かもしれない。知っててやってりゃ、どう考えても嫌がらせでしょ。そこに適当な理屈こねて、自分を正当化してるだけにしか見えん。

香陸
そこをそう思わない人もいると思うのさ。

セミマル
そうなんだよね。アレはなんなんだろうか。

香陸
僕としては「原則的には正しいかもしれないけれど、コミュニケーション的には適切でないこともある」と言いたいところなのだけれど、この見解は変に聞こえない?

セミマル
いや、おかしくはないと思う。

香陸
よかった。

セミマル
このあたりは倫理観の問題になってくるから。

香陸
そこで議論になるとすると、「しかし、リンクを張るという行為はコミュニケーションなのか」ということになると思うのだけれど、セミマルさんはどう思う?

セミマル
ごめん、もうちょっと噛み砕いて。質問の意図がよく分からん(笑)。

香陸
まず、個人サイトを書いていて、あまりリンクを張ってほしいと思っていない人がいるとしましょう。そこに、そのサイトにリンクを張りたい人が現れたとすると。

セミマル
うんうん。

香陸
このとき、普遍的にではないけれども、そこそこ公共的に「リンクを拒絶しているサイトに無断でリンクを張るという行為は、原則的に不正ではないから認められるけれど、コミュニケーション的に適切ではないから望ましいものではない」と言うことができるとしましょう。

香陸
そこで、それを根拠に「コミュニケーション的に不適切なのだから、無断リンクは認めないことにしましょう」と主張する人が現れるとすると。ここには 論理的な飛躍がある けれど、主張している人はあまり気にしていないとします。

香陸
この場合、そう主張している人に対して、「だけど、単にサイトにリンクを張るだけなのだから、そこでコミュニケーション的に不適切とか言われても困る。別にあなた自身に干渉するわけではないのだから良いでしょう」と言う人もいるかもしれない。

香陸
つまり、「リンクを張るという行為は、まだなんらコミュニケーションではない」という反論だね。したがって、「無断リンクは『原則的に正しい』し『コミュニケーション的に不適切という批判にも晒されない』から『無断リンクは認められる』」と言われてしまう可能性がある。

セミマル
あぁ、なるほど。そういう人たちは、リンクは単なる参照なんだからいいだろうと言ったりするよね。

香陸
そう、Web サイトを脱人格したものとしてみていて、情報だけを参照しているというような場合。個人ニュースサイトの管理人もわりとそういう傾向はあるかなと思うのだけれど。

セミマル
そういう場合だと、リンクするほうはちょっと大人気ないかなぁ、と思う。

香陸
難しいよね。一方は、リンクするという行為をコミュニケーションの起点として把握していて、他方は、リンクするという行為を単なる情報の参照として把握しているという行き違いがある。これをどう埋めるか、ないし、このリンクを張るという行為の二面性をどう受けとめるか。

セミマル
これはリンクされる側のページが、赤の他人が見た場合にどの程度価値があるか、あるいは、公共性があるかということでも変わってくるかもしれないね。

香陸
ふむふむ、公的/私的という区分けに基いて話を進めてみるのは面白いかもしれない。それらをはっきり分けることができないというのが Web の特徴であって、いろいろな問題を生じるもとだったりするしね。

[PR]